エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム中山道鵜沼宿鵜沼宿探訪 › 高札場と尾州領傍示石


ここから本文です。

高札場と尾州領傍示石

ID番号 K4054更新日 平成30年4月26日

 高札場とは、江戸幕府や藩の法令や禁令を書いた札を吊り下げた掲示板です。当時の絵図によると、本来は東の赤坂神社付近にあったことがわかりますが、坂祝バイパス開通時に中山道との交差点になった一角に再現されることになりました。
 傍示石は、当時の尾張藩領(鵜沼地区南部)と各務村の境を示した石杭です。現位置より中山道沿い西へ約800メートルの場所に立っていました。

高札場の写真
高札場

移設された傍示石の写真
移設された傍示石(右、東側.左、西側用)

このページに関するお問い合わせ

中山道鵜沼宿町屋館・脇本陣
電話:058-379-5055