エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム消防・救急「各務原市消防本部」火災予防火災予防関係 › 新型コロナウイルス感染症対応に伴う消毒用アルコールの安全な取り扱いなどについて(事業所向け)


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対応に伴う消毒用アルコールの安全な取り扱いなどについて(事業所向け)

ID番号 K35658更新日 令和2年11月16日

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、消防法に定める危険物の第4類アルコール類に該当する消毒用アルコール(注)を使用する機会が増えています。 
消毒用アルコールから発生する可燃性蒸気は、引火しやすく、空気より重く低所に滞留しやすい性質があり、多量に取り扱う場合は火災予防に留意してください。  

(注)アルコール含有量が60パーセント以上の水溶液のことをいいます。

新型コロナウイルス感染症対応に伴い貯蔵し取り扱う消毒用アルコールの量について

80リットル未満の場合

・下記のリーフレットを参照し取り扱ってください。

80リットル以上400リットル未満の場合

・届出が必要です。

・標識の設置が必要です。(下記から印刷できます。)      

・下記のリーフレットを参照し取り扱ってください。

400リットル以上の場合

・事前に消防本部予防課へお問い合わせください。
 

(注)新型コロナウイルス感染症対応に伴う消毒用アルコールの貯蔵・取り扱いのため、既に別の少量危険物貯蔵所がある場合、既存の貯蔵場所とは別の場所で貯蔵および管理してください。同一場所で貯蔵などする場合は、既存の貯蔵量と合算し、指定数量以上の貯蔵となる場合は、消防法の規制が伴いますので、事前に消防本部予防課までお問い合わせください。
 

届出について

・貯蔵、取扱いを開始する時は、管轄の方面消防署へ届け出てください。

・新型コロナウイルス感染症が終息し、貯蔵の必要がなくなった時は、管轄の方面消防署へ届け出てください。

標識について

標識と掲示板をA3サイズでカラー印刷し、貯蔵・取り扱いを行う場所の見やすいところに設けてください。

(注)このページで印刷した標識と掲示板は、新型コロナウイルス感染症への対応に限り設置できます。

取扱方法について

下記のリーフレットをご確認ください。

消毒用アルコール容器への表示について

  • 最大容積が500ミリリットルを超える容器の表示
    容器の外部に「危険物の品名」、「危険等級2(ローマ数字表記)」、「化学名」、「水溶性」、「数量」、「火気厳禁」の表示をしてください。
    表示の字体、大きさおよび色の指定はありません。
  • 最大容積が500ミリリットル以下の容器の表示
    容器の外部に「危険物の通称名」、「数量」、「火気厳禁または火気厳禁と同一の意味を有する他の表示」の表示をしてください。
    危険物の通称名としては「エタノール」や「消毒用エタノール」、火気厳禁と同一の意味を有する他の表示としては「火気の近くで使用しないでください」や「火気を近づけないでください」等があります。

運搬、積載方法について

・指定数量以上の危険物を車両で運搬しないでください(注)。

・危険物は、当該危険物が転落し、または危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒し、もしくは破損しないように積載してください。

・運搬容器は、収容口を上方に向けて積載してください。

・危険物または危険物を収容した運搬容器が著しく摩擦または動揺を起こさないように運搬してください。

・危険物の運搬中危険物が著しくもれるなど災害が発生するおそれのある場合は、災害を防止するため応急の措置を講ずるとともに、最寄の消防機関その他の関係機関に通報してください。

 

(注)指定数量以上の危険物を運搬する場合には、消防法の規制が伴いますので、事前に消防本部予防課へお問い合わせください。
 

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部予防課
電話:058-382-3137
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。