エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら › 岐阜女子大学の学生が「空き家リノベーション」案を発表(11月13日)


ここから本文です。

岐阜女子大学の学生が「空き家リノベーション」案を発表(11月13日)

ID番号 K21965更新日 平成29年11月13日

岐阜市太郎丸にある岐阜女子大学で、生活科学科住居学専攻の生徒による空き家のリノベーション案の発表が行われました。

私たちのアイデアで空き家をリノベーション!

空き家津用のプレゼンを行う学生の写真

市は、産官学金の連携で「DIY型空き家リノベーション事業」を推進するため、平成28年5月に、学校法人華陽学園岐阜女子大学と連携協定を締結しました。

この発表は、その一環として昨年から行われているもの。生活科学科住居学専攻の3年生のうち、空き家の再生方法を学ぶ「インテリアデザイン論実習」の履修生が、市内の実在する空き家をモデルに、リノベーション案を考案しました。

この日は、空き家所有者や各務原市内で設計事務所を営む専門家らを前に、6人の学生が発表。外国人専用の宿泊施設やジム、お化け屋敷など、さまざまな活用案が提案されました。講評にあたり、専門家からは「独創的なデザインに驚きました。斬新ながらも、しっかりとターゲットを定め、それに基づいたコンセプトが考えられていました」と、賞賛の声が上がっていました。

このページに関するお問い合わせ

建築指導課
電話:058-383-1482
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。