エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら › 各務原西高校で、「ふるさと教育」を実施(10月8日)


ここから本文です。

各務原西高校で、「ふるさと教育」を実施(10月8日)

ID番号 K32192更新日 令和元年10月10日

各務原西高校で、生徒自らで地域の課題を見つけ、その解決を目指す「ふるさと教育」が行われました。

高校生が、「まち」の課題を探求!

ふるさと教育で講義を聞く生徒

県では、今年から高校生が地域の魅力を知るとともに地域課題を発見・解決する学習「地域課題探求型学習推進事業」に取り組んでいます。その一環として、各務原西高校では「ふるさと教育」と題した授業が行われました。

この日、岐阜大学の高木朗義教授が、「地域の課題を見つけ、その解決に向けて主体的に活動すること」の重要性について講演。その後、生徒は「農産物のブランド化」や「多文化共生」など関心のあるテーマに分かれて話を聞きました。講師は市の職員で、生徒は、市が抱える課題について真剣に耳を傾けながら、メモを取っていました。

2年生の河合麗杏(れあ)さんは、「農業の課題に関心があります。各務原限定のお菓子の販売やニンジンを多く使った給食など、ニンジンのブランド化に向けた取組を知りました。私もアイデアを考えていこうと思います」と、今後の問題解決を目指すグループワークに意欲を見せていました。
 

このページに関するお問い合わせ

企画政策課
電話:058-383-4959
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。