エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成28年度 › 各務原福祉の里「ぽぷら」リニューアル見学会を開催(4月21日)


ここから本文です。

各務原福祉の里「ぽぷら」リニューアル見学会を開催(4月21日)

ID番号 K16042更新日 平成28年4月21日

重度の障がいを抱える方が使いやすいよう、福祉の里「ぽぷら」がリニューアルし、市内の福祉関係者向けに見学会を開催しました。

利用者の方の健やかな生活のために

ポプラの施設見学の写真

須衛稲田にある福祉の里「ぽぷら」は、障がいのため常時介護を必要とする方や一定の支援が必要な方に対して、食事や排せつの介護、入浴、創作的活動などの機会を提供している施設です。障がい者団体連合会などからの、重度の障がいがある方への日中サービスの拡充を求める声により、この4月にリニューアルしました。

このリニューアルに伴い、活動場所を1階から入浴設備のある地下1階に移動。施設の利用日数と入浴回数を増やし、日々のメニューも手足を動かす機能訓練をメインにするなど、重度の障がいを持つ方に向けた内容に変更しました。

見学会にあたり、浅野市長が「利用者の方に笑顔で帰っていただける施設になるよう願っています」とあいさつ。入浴サービスの部屋やリラクゼーションの部屋などを見て回りました。福祉の里「ぽぷら」では、障がい者の方々に看護師や生活支援員が寄り添いながら、居心地のよい空間を作っていきます。

このページに関するお問い合わせ

社会福祉課
電話:058-383-1126
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。