エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成28年度 › 熊本へ派遣された職員が活動を市長に報告(4月28日)


ここから本文です。

熊本へ派遣された職員が活動を市長に報告(4月28日)

ID番号 K16095更新日 平成28年4月28日

熊本県熊本市に派遣されていた職員3人が帰庁し、現地での活動の様子を市長に報告しました。

少しでも被災地の力になるために

熊本での活動の様子を報告する職員の写真

県からの被災建築物・宅地への応急危険度判定士の派遣要請を受け、4月22日~29日に、市職員5人が熊本県熊本市に派遣されました。その第一陣が26日に帰庁。27日、市長に現地の被災の様子や活動の様子を報告しました。

職員が訪れた地区は、壁割れや塀が崩れてしまっている家屋が多く、診断した8軒のうち、7軒が「危険で入ってはいけない」という診断となったそうです。危険度を判定した職員は、「危険判定が重度で、自宅に入ってはいけないと注意喚起をする一方で、自宅に帰りたがっている住民の方の姿を見ると、とても心苦しかった」と現地で活動していたときの思いを語りました。

報告を受けた市長は「今回の経験で学んだことを、他の職員にも伝えてほしい。各務原市でもいつ起こるか分からない地震に備えて、自分たちに何ができるか考えながら日々の業務に当たってください」と職員を労いました。

このページに関するお問い合わせ

防災対策課
電話:058-383-1190 ファクス:058-380-1158
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。