エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成28年度 › 那加中学校で生き方講話を開催(7月6日)


ここから本文です。

那加中学校で生き方講話を開催(7月6日)

ID番号 K16481更新日 平成28年7月6日

那加中学校で、リオデジャネイロ・オリンピックに出場するホッケー女子日本代表の浅野祥代選手を迎え、生き方講話が行われました。

オリンピック選手に学ぶ「勝負脳とチームワーク」

浅野選手にお礼の花束を渡す様子の写真

那加中学校で、生き方講話「勝負脳とチームワーク」が行われ、全校生徒615人が参加しました。この日の講師は、鵜沼中出身で、ロンドン五輪に続き、8月のリオ五輪にホッケー女子日本代表ゴールキーパーとして出場する浅野祥代選手。那加中ホッケー部の顧問が、浅野選手と岐阜各務野高校の同輩ということから、今回の講話が実現しました。

講話では、相手の目を見て会話すること、会話で否定語を使わないことなど、「相手の脳に入る会話が大切」という話や、浅野さんが練習で大切にしているポリシーが伝えられ、生徒は皆、真剣な表情で耳を傾けていました。

講話を聞いた生徒からは、「試合中に緊張したとき、どのように緊張をほぐしていますか」「やめようと思ったとき、どのように乗り越えましたか」など活発な質問が出されました。最後に、生徒代表の3年生横山佳蓮さんが「仲間のよいところを認め合うことが大切だとわかりました。チームワークを大切に夏の大会をがんばりたいです」とお礼の言葉とともに、花束が手渡されました。

このページに関するお問い合わせ

スポーツ課
電話:058-383-1231 ファクス:058-389-0218
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。