エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成28年度 › 寺子屋事業2.0「福祉体験学習」を開催(8月24日)


ここから本文です。

寺子屋事業2.0「福祉体験学習」を開催(8月24日)

ID番号 K16792更新日 平成28年8月24日

福祉の里で、「各務原寺子屋事業2.0」の一つとして、市内の小学4~6年生を対象に「福祉体験学習」が行われました。

障がい者の方の気持ちになって

車いすを体験する児童の写真

この体験学習は、子どもたちに高齢者・障がい者施設の入所者との触れあいや疑似体験を通して、福祉についてを知ってもらおうと、昨年から開催されているもの。今回は8月24日・26日の2日間の日程で開催されます。

第1回目となるこの日は、市内小学4~6年生31人が参加。車いす体験や片足での階段の昇り降り、実物の義足に触れるなど、障がい者の方の「生活のしづらさ」を学びました。

参加した那加第一小4年の酒井芭奈さんは、「片足で階段を登ったり、車いすに乗って段差や超えたりする大変さがよく分かりました。これからは、そういった方を見かけたら手伝ってあげたいです」と、真剣な表情で話していました。

第2回は8月26日に開催され、福祉関係の高校・大学生の話を聞くほか、高齢者の疑似体験などを行います。

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課
電話:058-383-1358
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。