エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成29年度 › 小学生米国派遣事業の帰国報告会を開催(4月14日)


ここから本文です。

小学生米国派遣事業の帰国報告会を開催(4月14日)

ID番号 K19118更新日 平成29年4月14日

各務原国際協会が3月に実施した小学生の海外派遣事業で、米国セリトス市にホームステイし、現地の小学校などを訪問した参加児童8人が帰国を報告しました。

米国の教育や文化を、目で見て、体感してきました

帰国報告会で感想を述べる小学生の写真

小学生海外派遣事業は、平成23年度から行われており、今回は3月26日~31 日に事業が実施されました。派遣されたのは、一般応募で選ばれた市内小学生8人。市の中学生派遣事業で実績のあるカリフォルニア州セリトス市にホームステイし、現地の小学校2校、図書館や議会などを訪問し、アメリカの教育や文化に親しみました。

帰国報告会では、写真を交えて交流活動が紹介され、参加した全員が研修の感想を述べました。

帰国報告を受けた浅野市長は「今回の研修機会を活かして、皆さんが一回りも二回りも大きくなることを期待しています」とエールを送りました。参加児童のリーダーを務めた、桜丘中学校1年の辻本光月さん(派遣当時は、那加第二小学校6年)は、「現地の人たちが、私たちのことを一生懸命理解しようとしてくれる姿勢が、とても嬉しかったです。この体験を無駄にしないようにしたいです」と、楽しかった日々を振り返っていました。

このページに関するお問い合わせ

観光交流課
電話:058-383-9925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。