エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成29年度 › 消防職員が体力の限界に挑戦!(6月6日)


ここから本文です。

消防職員が体力の限界に挑戦!(6月6日)

ID番号 K19599更新日 平成29年6月6日

今年度採用された県内の消防職員が、任務の遂行に必要となる体力の向上を図るため、一宮市の138タワー階段の駆け上がり訓練を行いました。

勇気と忍耐力を培って、一人前の消防職員に成長します!

138タワー駆け上がり訓練の写真

県消防学校では、初任教育の訓練の一環として、中高層建物火災時を想定した消防の体験と、任務の遂行に必要となる体力の向上を図ることを目的に、「138タワー駆け上がり訓練」を実施しています。この訓練は平成21年に始まり、9回目となる今回は、103人の学生が参加しいました。

各自約8キログラムの防火衣を着用し、自分を鼓舞するように声を上げながら上る学生や、前を向いて一歩一歩階段を踏みしめていく学生、必死の形相で駆け上がる学生など、103人全員が513段ある屋外階段を全力で駆け上がりました。市消防本部から入校している藤原脩吾さんは、「体力には自信があったつもりですが、まだまだですね。これからの学校生活で、たくさん学んで、もっと体力をつけます」と息を切らしながら話しました。

この日、駆け上がり訓練が終わった後は、防火衣を着用したまま、合計30キログラムを超える消防用ホースなどの資器材を4人1チームで搬送する訓練が続きました。

このページに関するお問い合わせ

消防本部総務課
電話:058-382-3136
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。