エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成29年度 › 文学講座「小説(新人)賞ってどんなもの?」を開催(8月7日)


ここから本文です。

文学講座「小説(新人)賞ってどんなもの?」を開催(8月7日)

ID番号 K20383更新日 平成29年8月7日

8月5日に、プロの小説家による文学講座「小説(新人)賞ってどんなもの?」が中央図書館で開催されました。

目指せ!未来の小説家

講座で話をするさとみ桜さんの写真

この講座は、市民の方に文学に触れ、親しんでもらおうと、専門家などを招いて年に2回開催されているものです。

今年度1回目となる今回の講師は、昨年「第23回カドカワ電撃大賞銀賞」を受賞した、市内在住の小説家「さとみ桜」さん。講座では、小説家になるための方法や新人賞までの道のりなどが紹介され、参加者からは、「プロとして心がけていることは」「小説家の1日は」など、さまざまな質問が投げかけられていました。

今回初めて参加したという、那加雄飛ケ丘町の稲垣美領さんは、「プロの視点から話を聞くことで、より作品に思い巡らせることができました。本を読むのが更に楽しくなりそうです」と、満足そうに話していました。

このページに関するお問い合わせ

中央図書館
電話:058-383-1122
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。