エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成29年度 › 特別支援学校の生徒が新鵜沼駅に座布団を寄贈(12月11日)


ここから本文です。

特別支援学校の生徒が新鵜沼駅に座布団を寄贈(12月11日)

ID番号 K22281更新日 平成29年12月11日

各務原特別支援学校の生徒が、名鉄新鵜沼駅で毎年恒例となっている座布団の寄贈を行いました。

駅を利用する皆さんにホッとして喜んでもらえるように

待合室に座布団を設置する特別支援学校生徒の写真

各務原特別支援学校では、地域への貢献活動の一つとして、毎年、生徒たちも利用している名鉄新鵜沼駅で清掃活動を行い、座布団を寄贈しています。

この日、同校の作業学習縫製班の生徒12人が新鵜沼駅を訪れ、加納正雄駅長に座布団30枚を手渡ししました。寄贈された座布団は、生徒たちが手作りしたもので、まつり縫いと、特別支援学校のワッペンを縫いつける作業が、大変だったそうです。

生徒たちは、ホームを丁寧に掃除した後、待合室の座席に座布団を設置しました。3年生で班長の稲葉寿璃(じゅり)さんは、「1つ1つ丁寧に作りました。駅を利用する皆さんに、ホッとして喜んでもらえたら嬉しいです」と笑顔で話していました。

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。