エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成29年度 › 市消防本部・東海中央病院合同多数傷病者訓練を実施(2月15日)


ここから本文です。

市消防本部・東海中央病院合同多数傷病者訓練を実施(2月15日)

ID番号 K22960更新日 平成30年2月15日

東海中央病院を会場に、市消防本部と同病院の合同で多数の傷病者に対応する訓練が行われました。

救護活動と医療機関との連携向上を目指して

訓練を行う、救急隊員と医師、看護師の写真

市内の小学校の校庭で、多数の傷病者が発生したことを想定し、市消防本部による集団救護訓練を実施しました。今回の訓練には、市消防本部だけでなく、東海中央病院の医師や看護師20人も参加。2つの機関が連携して、事故発生から病院収容までを訓練しました。

事故現場に見立てた同病院の駐車場の一角では、消防本部の救急隊員らによる、治療などの優先順位を決める「トリアージ」を実施。傷病者に声をかけ、症状を確認しながら右手にトリアージタグをつけていきました。緊急度が高いと判断された傷病者から順に搬送し、病院内で医師や看護師らが受入体制などを確認しました。

東海中央病院副院長の松久卓さんは、「今回、市消防本部と連携した訓練を初めて実施し、課題も見つかりました。実際の事故に備え、今回の訓練をしっかり検証したいです」と、訓練を振り返りました。

このページに関するお問い合わせ

消防本部総務課
電話:058-382-3136
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。