エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 市出身の高校生バイオリニスト、国際コンクール2位を報告(4月5日)


ここから本文です。

市出身の高校生バイオリニスト、国際コンクール2位を報告(4月5日)

ID番号 K24231更新日 平成30年4月5日

各務原市出身の高校3年の伊藤怜子(いとう れいこ)さんが、「2018若いヴァイオリニストのためのアンテュール・グリュミオー国際コンクール」のカテゴリーCの部で2位を獲得し、結果を浅野市長に報告しました。

大きな刺激を受けた国際コンクール。人の心に残るバイオリニストになりたい!

浅野市長にコンクールのようすを話す伊藤さんの写真

伊藤さんは、3月29日から4月1日にベルギーのブリュッセル国立音楽院で開催された「2018若いヴァイオリニストのためのアンテュール・グリュミオー国際コンクール」のカテゴリーC(17歳以下)に出場。海外で開催された国際コンクーへの参加は初めての経験でしたが、パガニーニやバッハの曲を情熱的に演奏し、2位を獲得しました。
4歳からバイオリンを始め、演奏の楽しさに魅了された伊藤さんは、東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校に進学。コンクールで納得のいく演奏ができるよう、学校が終わってから毎日6時間のレッスンに励んできました。今回のコンクールでの演奏は90パーセントの仕上がりだったものの、「1位じゃなかったのが悔しかった」と更なる向上心を見せました。海外の演奏者の表現力や音色、楽しさが伝わる演奏には大いに刺激を受け、「これからも積極的に国際コンクールに出場して、演奏に磨きをかけていきたいです」と笑顔を見せました。

浅野市長は「国際コンクール2位は、毎日のレッスンの賜物です。今回の経験を糧に、更なる活躍を期待しています」とエールを送りました。

このページに関するお問い合わせ

いきいき楽習課
電話:058-383-1042
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。