エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 第42回桜まつり「20万人の広場」開催(4月7日)


ここから本文です。

第42回桜まつり「20万人の広場」開催(4月7日)

ID番号 K24241更新日 平成30年4月9日

3月31日~4月8日に「第42回桜まつり」が市民公園・新境川一帯で行われ、4月7日・8日にはメーンイベントの「桜まつり20万人の広場」を開催。パレードやステージ、特産品販売などで会場は盛り上がりました。

葉桜の下で、恒例のお祭りを楽しみました

パレードで演奏するブラスバンドの写真

市の春の風物詩「桜まつり」は今年で42回目を迎え、今年は、桜の開花が早く、「桜まつり20万人の広場」の当日は、桜の木の多くが葉桜の姿で、肌寒い1日。オープニングセレモニーでは、桜色のネクタイを締めた浅野健司市長が、「今年は葉桜での開催となりますが、ぜひ恒例の桜まつりを楽しんでください」とあいさつしました。会場を訪れた皆さんは、市民公園を一周するパレードや、クラブ・サークルや市内の幼稚園が日ごろのレッスン成果を発表するステージに、惜しみない拍手を送っていました。また、桜まつり横丁で販売される特産品やグルメの販売も盛況で、市民公園の噴水の周辺には、舌鼓を打つ来場者でにぎわっていました。

お子さん3人と両親と一緒に会場に訪れた、川島河田町の西野朋子さんは「公園のイベントが大好きで、桜まつりも毎年楽しみにしています。満開の桜は先週楽しんだので、今日はステージやグルメを楽しみに来ました」と笑顔を見せていました。

このページに関するお問い合わせ

観光交流課
電話:058-383-9925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。