エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 那加第一小学校で、国際理解・福祉授業(7月13日)


ここから本文です。

那加第一小学校で、国際理解・福祉授業(7月13日)

ID番号 K25394更新日 平成30年7月13日

那加第一小学校の「総合的な学習」で、国際理解・福祉授業が行われました。

毎日を大切に生きてほしい

出前授業で話す、国分さんの写真

那加第一小学校では、「総合的な学習」の時間に、各学年でテーマを設定し、自ら課題を見つけ、学び、考え、よりよく問題を解決する能力を育成しています。4年生のテーマは「福祉」。困っている人について理解し、その人の立場に立って自分にできることを考え、行動する力を育んでいます。

この日は、「総合的な学習」の一環として、4年生児童145人を対象に、国際理解・福祉授業が行われました。スプートニクインターナショナルに所属し、ガーナのデバイン アカデミースクールで教師を務める国分敏子さんが講師となり、ガーナでの生活を紹介。子どもたちに「毎日を大切に生きること」や、「自分にできることを探してほしい」などのメッセージを伝えました。

4年3組の西脇詩音さんは、「国分さんの話を聞いて、日本とガーナの違いが少し分かりました。もっとガーナについて詳しく知りたいです」と、笑顔で話しました。

 

このページに関するお問い合わせ

学校教育課
電話:058-383-1118
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。