エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 市発明くふう展で入賞者を表彰、応募作品を展示(9月8日)


ここから本文です。

市発明くふう展で入賞者を表彰、応募作品を展示(9月8日)

ID番号 K26424更新日 平成30年9月10日

市発明くふう展の入賞作品が決まり、9月8日に産業文化センターで入賞者の表彰式が行われました。また、9日まで、あすかホールで全101作品が展示されました。

大人もびっくりのアイデアがいっぱい!

発明くふう展表彰式で市長から賞状を受け取る人の写真

今回で45回目を迎えた、市発明くふう展。今年は、市内の小・中学校から、「作品の部」、「絵画の部」合わせて、101点の応募がありました。

審査の結果、作品の部で34作品、絵画の部で8作品が入賞。作品の部の最優秀賞である岐阜県知事賞には、稲羽西小3年の廣瀬由依(ゆい)さんの「地しん発見き」が、絵画の部の岐阜県発明協会会長賞には、緑苑小5年の杉原香央(かお)さんの「宇宙の散歩」が選ばれました。

9月8日には表彰式が行われ、入賞者に表彰状とトロフィーが手渡されました。浅野市長から賞状などを受け取った廣瀬さんは、「地震が起きたときに、目が見にくい人にはブザーで、耳が聞こえにくい人にはランプで知らせるよう、工夫しました。最優秀賞を受賞できて、とてもうれしいです」と、笑顔を見せていました。

このページに関するお問い合わせ

商工振興課
電話:058-383-9912
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。