エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 「全国障害者技能競技大会」出場を報告(10月15日)


ここから本文です。

「全国障害者技能競技大会」出場を報告(10月15日)

ID番号 K26744更新日 平成30年10月16日

全国障害者技能競技大会「全国アビリンピック」に出場する、川尻真理子さんが浅野市長に大会の目標を伝えました。

実力を発揮できるよう、がんばります!

市長に目標を話す川尻さんの写真

「アビリンピック」とは、全国障害者技能競技大会の愛称で、能力を表す「アビリティ(ABILITY)」と「オリンピック(OLYMPICS)」を合わせた造語。15歳以上の障がい者が、技能を競い合うことで、職業能力の向上を図るとともに、障がい者に対する社会の理解を深め、障がい者雇用の促進を図ることを目的に開催されています。

市内在住の川尻真理子さんは、8月に開催された「第16回岐阜県障がい者技能競技大会(ぎふアビリンピック2018)」に初めて出場。文書の三つ折り、宛名シール貼り、封入、仕分けを行い、作業数量や仕分けの正確さ、仕上がりの品質を競うオフィスアシスタント競技で金賞を受賞し、「第38回全国アビリンピック」への出場が決定しました。

この日、市役所を訪問した川尻さんは、「県大会では、まさか金賞を受賞できるなんて、とてもびっくりしました。全国大会では、緊張してしまいそうですが、日ごろの練習の成果を発揮したいです」と、浅野市長に目標を伝えました。浅野市長は「全国大会では、よい経験を積んできてください。大会後に、よい報告をしていただけるのを楽しみにしています」と激励しました。

このページに関するお問い合わせ

社会福祉課
電話:058-383-1126
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。