エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 全国児童才能開発コンテスト「全国都道府県教育長協議会長賞」受賞を報告(3月20日)


ここから本文です。

全国児童才能開発コンテスト「全国都道府県教育長協議会長賞」受賞を報告(3月20日)

ID番号 K29443更新日 平成31年3月22日

鵜沼第三小学校6年の松本友奈さんが、第55回全国児童才能開発コンテストで、「全国都道府県教育長協議会会長賞」を受賞。浅野市長に受賞を報告しました。

科学の奥深さを実感できました!

表彰状などを持って記念撮影する浅野市長と松本さんの写真

全国児童才能開発コンテストは、才能開発教育研究財団が主催するコンテストで、児童の「豊かな感性・情操」を養うとともに、基礎学力を育て、小学生の文化的・科学的才能の育成を目指して開催されています。

松本さんは、昨年の夏休みに「フワッとのなぞを追え!」と題し、車やエレベーターに乗っているときにフワッとすることについて研究しました。独創的なテーマを科学的に追究するため、さまざまな実験を行った点が評価され、市小中学校科学作品展で最優秀賞を受賞。県の科学作品展でも最優秀賞に選ばれ、全国児童才能開発コンテストに県代表として出品されました。

この日、松本さんは、教育委員会表彰を受賞。加藤壽志教育長から、表彰状と記念品を受け取りました。その後、浅野市長に、コンテストの結果と受賞を報告。「これまで自分がやってきたことが認めてもらえてうれしいです。今回の研究で、科学の奥深さを実感しました」と笑顔で話しました。

このページに関するお問い合わせ

学校教育課
電話:058-383-1118
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。