エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › ミャンマーからの介護実習生が市長に報告(3月25日)


ここから本文です。

ミャンマーからの介護実習生が市長に報告(3月25日)

ID番号 K29455更新日 平成31年3月26日

市内で実習を行う、介護職種の外国人実習生が市役所を訪問。浅野市長に目標などを報告しました。

日本で学んだことを、自国で生かしたい

浅野市長とミャンマーの介護実習生らの写真

平成31年1月時点の有効求人倍率は2.56と、人手不足の深刻な状況が続いている各務原市。中でも介護分野における有効求人倍率は、7.27倍と人手確保が困難な状況です。そこで、市内でデイサービス事業を行っている株式会社笑顔いちばんでは、企業単独型の介護職として、全国に先駆けて海外からの技能実習生を受け入れました。

2月にミャンマーから来日した実習生は、ユ・ザ・ナさんと、ナン・ナイ・ナイ・モウさん。事前研修を終え、市内で実習に取り組むにあたり、同社の山口専太郎・代表取締役らと市役所を訪問しました。「日本の介護の現場で学んだことを、ミャンマーで生かしたり、広めたりしたい」と浅野市長に目標を伝えた2人。浅野市長からは「知識や技術を習得できるよう、がんばってください」と激励されました。

このページに関するお問い合わせ

企業人材全力応援室
電話:058-383-7236
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。