エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成30年度 › 岐阜プラスチック工業が防音パネルを寄贈(3月28日)


ここから本文です。

岐阜プラスチック工業が防音パネルを寄贈(3月28日)

ID番号 K29491更新日 平成31年3月28日

市内に工場を持つ岐阜プラスチック工業株式会社が、災害時の避難所環境の向上のため、市に「防音パネル一式」を寄贈しました。

人にやさしい製品として、防音パネルをお役立てください!

防音パネルを前に写真に写る浅野市長と大松代表取締役社長の写真

岐阜プラスチック工業株式会社は、さまざまな物流産業資材や工業部品などのプラスチック製品を製造しています。同社の製品の中でも、高強度・超軽量のハニカムコア素材である「TECCELL(テクセル)」に、吸音効果を持たせた防音パネルは「SAINT(セイント)」は2年前に開発され、さまざまな騒音対策に活用されています。平成30年7月豪雨では、岡山県の避難所に設置の発電機の騒音対策として活用されました。

今回の寄贈は、「市の避難所環境を向上させてほしい」という同社の申し出によるもの。この日、大松栄太代表取締役社長らが市役所を訪れ、浅野市長に目録を手渡ししました。大松代表取締役は「地域貢献ができて嬉しく思います。人にやさしい製品として、市民の皆さんの目に触れる場所でご活用いただきたいです」とあいさつ。これを受けて、浅野市長は「ありがとうございます。災害時に活用させていただき、市民の皆さんの安全・安心につなげていきたいです」と感謝の言葉を伝えました。

今回寄贈された防音パネルは20万円相当のもの。3月30日から始まる「第43回各務原市桜まつり」でも活用されます。

このページに関するお問い合わせ

防災対策課
電話:058-383-1190 ファクス:058-380-1158
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。