エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 各務原高校で模擬選挙を実施(5月29日)


ここから本文です。

各務原高校で模擬選挙を実施(5月29日)

ID番号 K30326更新日 令和元年5月31日

各務原高校で、3年生を対象に、主権者教育の一環として模擬選挙の授業が行われました。

1票の大切さを実感。選挙への意識を改めました!

模擬選挙で投票を行う生徒の写真

各務原高校では、選挙の基本知識を学ぶ授業を1年生から行っています。この日は、3年生を対象にした模擬選挙の授業があり、292人の生徒が参加しました。

選挙管理委員会事務局の担当者が、選挙の仕組みや投票における注意事項、投票の流れを説明。その後、実際の選挙で使われる記載台と投票箱を使って、代表の生徒32人が投票を行いました。「未来の学校長を選ぶ」という想定で行われた選挙では、事前に4人の架空の候補者名と公約が書かれた紙が配られ、生徒はその情報を基に投票しました。
開票すると、2人の候補者が同数で最多得票を得る結果に。担当者は、このような場合にはくじ引きで結果が決められることを説明し、「1票で結果が変わります。1票の大切さを実感しながら、選挙に行ってください」と呼びかました。

投票した田中将平さんは、「選挙は近寄りがたいイメージがあったけれど、実際はそうではありませんでした。18歳なので、次の選挙は行きます」と意識を新たにしていました。

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会事務局
電話:058-383-1119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。