エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 各務原にんじん商品開発検討会を開催(6月27日)


ここから本文です。

各務原にんじん商品開発検討会を開催(6月27日)

ID番号 K30846更新日 令和元年7月1日

市特産の各務原にんじんのブランド化の一環として取り組んでいる商品開発で、東海学院大学の学生が新商品のアイデアを考案。菓子事業者などに向けて、プレゼンテーションを行いました。

各務原にんじんの強みを生かす

市長や菓子事業者が試食する写真

平成29年4月に、市とぎふ農業協同組合、各務原商工会議所、東海学院大学が産学官連携協定を締結。各務原にんじんの地産地消、ブランド化に向けて、さまざま啓発活動に取り組んでいます。

今回で3回目を迎えた商品開発も、その一環。東海学院大学 管理栄養学科の学生が、甘くておいしい各務原にんじんの特徴を生かして、和菓子や洋菓子、カレー、パスタなど全18品を考案しました。商品開発検討会では、それぞれの商品を考えた学生が、その品の特徴や作り方を説明した後、浅野市長や市内外の事業者が試食しました。

各務原商工会議所の永田孝也・総務事業課長は「年々レベルアップして、どの商品もおいしかった。店頭に並ぶのが楽しみです」と講評しました。学生らが考案した商品は、11月24日の「各務原にんじんの日」に向け、各事業者で商品化が検討されます。

このページに関するお問い合わせ

農政課
電話:058-383-1130
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。