エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 「成年後見支援センター」開設記念講演会(7月29日)


ここから本文です。

「成年後見支援センター」開設記念講演会(7月29日)

ID番号 K31267更新日 令和元年7月29日

「成年後見支援センター」が7月1日に開設したことに伴い、市は、産業文化センター1階あすかホールで、記念講演会を開催しました。

住み慣れた地域で安心した生活を送るために

「成年後見支援センター」講演会場の写真

「成年後見制度」とは、認知症や知的障がい、精神障がいなどで、判断能力が不十分な方の権利と財産を守るための制度。現在、一人暮らしの高齢者や認知症の方、障がいのある方など、地域にはさまざまな支援を必要としている方がいますが、あまり成年後見制度は利用されてきませんでした。そこで市は、「成年後見支援センター」を開設。制度の利用促進を図っていきます。

この日は、「成年後見支援センター」の開設を記念して、講演会を開催。開催にあたり、浅野健司市長が、「多くの方に参加していただき、うれしく思います。ぜひ、講演をお聞きいただいた皆さんに、成年後見制度のエキスパートになっていただき、住み慣れた地域で安心した生活ができるまちを作っていきたいと思います」とあいさつしました。その後、市内に事務所を構え、センターの立ち上げに携わった横山岳志司法書士が、「今、必要な制度 成年後見制度~みんなで考える成年後見~」をテーマに講演。参加した約300人は、講師の話に熱心に耳を傾けていました。

NPO法人の職員で、成年後見制度の利用支援に関わっている中谷芳孝さんは、「各務原市が早期にセンターを立ち上げたと聞き、興味を持って講演を聞きました。NPOとセンターが協力しながら、成年後見制度の利用を促進させていきたいです」と感想を話しました。

このページに関するお問い合わせ

高齢福祉課
電話:058-383-1778
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。