エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 下中屋町自治会で「防災と絆の集い」を開催(9月15日)


ここから本文です。

下中屋町自治会で「防災と絆の集い」を開催(9月15日)

ID番号 K31873更新日 令和元年9月17日

9月15日に、自主防災訓練「防災と絆の集い」が行われ、地域にお住まいの約200人が参加しました。

巨大地震の発生に備える

地震体験車で巨大地震の揺れを体験する人の写真

下中屋町自治会は、町内の防災意識を高め、自助・共助の取組を進めるため、今回初めて自主防災訓練「防災と絆の集い」を行いました。

この日は、子どもから高齢者まで、下中屋町にお住まいの約200人が参加。開会式で自治会役員らのあいさつの後、地域で制作された「いなば音頭」で交流。その後、県防災センターの地震体験車に乗車して、震度7の揺れを体験しました。

下中屋町3丁目の小島茂弘さんご一家は、「体験で一瞬だと分かっていても、震度7は怖かった。本物の地震は、いつ来るか分からないし、どれくらい揺れるかも分かりません。家具が倒れないよう固定することも必要だと思う」と、さっそく地震への備えを家族で話し合っていました。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進課
電話:058-383-1662
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。