エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 関係機関が、集団救急事故への合同訓練を実施(10月8日)


ここから本文です。

関係機関が、集団救急事故への合同訓練を実施(10月8日)

ID番号 K32180更新日 令和元年10月8日

航空自衛隊岐阜基地内で、航空自衛隊や各務原警察、市消防本部、市防災対策課が連携し、多数の傷病者が発生した事案の対応訓練を行いました。

これからも訓練を重ねて、一層スムーズな連携を!

4機関が合同で、傷病者対応などに当たるようすの写真

関係機関の訓練は年1回行われていますが、今回の訓練は、運転操作を誤った事故が多く発生しているという社会的背景を受けて実施されたもの。この日は、各機関の職員約80人が参加し、事案発生時の協力体制や情報共有を円滑に行うため、航空自衛隊岐阜基地内で合同訓練を行いました。

訓練は、「那加大東町の交差点で、危険物を搬送中の自衛隊車両に大型バスが衝突し、多数の負傷者が発生すると同時に火災が発生した」との想定で実施。各務原警察署が事案の発生を認知し、関係機関の要請や交通規制を実施。自衛隊による搬送物質の処理や、自衛隊岐阜病院や市消防本部の救護搬送。消火活動を統制するための「現場指揮本部」、災害全体を統制するための「災害対策本部」も立ち上げられ、事案の対応にあたりました。

訓練の終了にあたり、横山元彦消防長は「組織の垣根を超えた連携を確認し、大変有意義な訓練となりました。更なる訓練を重ねて、一層スムーズな連携を目指していきたいです」と講評しました。

このページに関するお問い合わせ

消防本部消防課
電話:058-382-3596 ファクス:058-382-5955
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。