エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 市消防本部と東海中央病院が合同訓練(10月15日)


ここから本文です。

市消防本部と東海中央病院が合同訓練(10月15日)

ID番号 K32249更新日 令和元年10月16日

市消防本部と東海中央病院が、交通事故で多数の傷病者が発生したことを想定し、合同で集団救護訓練を行いました。

連携強化のために、実践的な訓練を積み重ねる

重症の傷病患者を救護する医師や救急隊員などの写真

市消防本部と東海中央病院との合同訓練は3回目。今回は、「東海中央病院近くのバス停で、バスの運転者が操作を誤ったことで、通行人や乗客に多数の傷病者が発生した」事態を想定して行われたもの。東海中央病院の医師や看護師、市消防本部の消防士ら70人以上が参加して、お互いの連携強化と活動を確認しました。

傷病者を事故現場から救助して、重症度により治療の優先度を決めるトリアージを行い、搬送先病院を選定、救急車に運び込むまでの一連の動きを、次々と実施。13人の傷病者を搬送して、訓練を終えました。

東海中央病院の松久卓副院長は、「訓練を重ねていくことで、前回よりも迅速な対応ができており、大変有意義な訓練となりました。各務原市には国道が通っているので、多くの傷病者が発生する交通事故が起こりうる可能性があります。今後もさらなる連携を図っていきたいです」と訓練を振り返りました。

このページに関するお問い合わせ

消防本部消防課
電話:058-382-3596 ファクス:058-382-5955
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。