エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 蘇原第二小学校で「味覚の一週間」を開催(10月23日)


ここから本文です。

蘇原第二小学校で「味覚の一週間」を開催(10月23日)

ID番号 K32313更新日 令和元年10月23日

蘇原第二小学校で、市内在住シェフによる授業が行われ、5年生の子どもたちが「食」について学びました。

「味覚」について学ぼう!

食材を味わい児童の写真

「味覚の一週間」とは、1990年にフランスで始まった取組。次世代を担う子どもたちにフランスの食文化を伝えようと、小学校に「味覚の授業」を取り入れたのが始まりで、2011年から、日本でも行われるようになりました。

この日、蘇原第二小学校では「食」への関心を高めてもらおうと、市内在住のシェフ田中剛さんを講師に招き、5年生を対象に「味覚の授業」を実施しました。実際にシェフの作った料理や用意した食材を味わいながら、「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」に「うまみ」を加えた5つの味を通して、味わうことの楽しさと奥深さを体験。最後に修了証をもらい、全員でトック帽投げを行いました。

参加した、坂本はつねさんは「舌の場所によって、感じる味が違うことに驚きました。5つの味を意識して食べることで、食事がもっとおいしくなりそうです」と、笑顔で話していました。

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。