エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › ボーイングSTEMプログラムin空宙博を開催(11月23日)


ここから本文です。

ボーイングSTEMプログラムin空宙博を開催(11月23日)

ID番号 K32553更新日 令和元年11月25日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で、「STEM(ステム)プログラム」を開催。県内外から参加した小・中学生が、飛行の歴史や原理などを学びました。

飛行機はなぜ飛ぶことができるのか

STEMプログラムで模型を飛ばす参加者の写真

「STEMプログラム」とは、ボーイング社が、小・中学生を対象に実施しているプログラムで、Science(サイエンス・科学)、Technology(テクノロジー・技術)、Engineering(エンジニアリング)、Mathematics(マスマティックス・数学)を総合的に学ぶことができます。

この日、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空宙博)で開催された「STEMプログラム」には、1部と2部のプログラムに、県内外から延べ329人の小・中学生が参加しました。1部は「フライングGIZMO(ギズモ)サイエンスショー」が行われ、シアトル航空博物館の学芸員が飛行の歴史や原理を解説。2部は、3つのワークショップ、「探査ローバーを作ろう」、「宇宙服を作ろう」、「私たちの未来をプログラミング」が行われました。

白川町から参加した榊間啓生さんは、「飛行の歴史や原理など、今まで知らなかったことを学べました。ワークショップでは、工夫を凝らして宇宙服を作り、その仕組みが分かりました」と笑顔で話していました。

このページに関するお問い合わせ

航空宇宙博物館運営推進室
電話:058-383-9926
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。