エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市の魅力ズームアップかかみがはら平成31年・令和元年度 › 空宙博で、新たな企画展が始まりました!(2月8日)


ここから本文です。

空宙博で、新たな企画展が始まりました!(2月8日)

ID番号 K34161更新日 令和2年2月10日

下切町5の岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称:空宙博)で、企画展「スピードを追い求めた幻の翼―KENSAN―」が始まりました。3月16日(月曜日)まで。

スピードを追い求めて、各務原を飛んだ航空機を、ぜひご覧ください!

企画展入口のオブジェを眺める家族の写真

「研三」は、昭和初期に、旧陸軍が世界最速記録更新を目指して、東京帝国大学航空研究所に設計を依頼し、川崎航空機(現在の川崎重工業)が製造、各務原で試験飛行を行った高速飛行研究機。この企画展では、「研三」の機体の説明や試験飛行の記録、目標にたどり着けないまま研究を終わらせなければならなかった研究所員の思いなどが、20枚以上のパネルを使って展示されています。企画の目玉は、「研三」が、国内最速を記録した第31回試験飛行のようすを記録した映像です。テストパイロットが「研三」に乗り込み、西に向かって離陸して飛行した後、高速で着陸するシーンが放映されています。

企画展の初日、オープニングセレモニーが行われ、会場入口で、河合孝憲・岐阜県副知事と、小鍋泰弘・各務原市副市長、来館一番乗りした愛知県の40代男性が、テープカットを行いました。企画展をじっくり楽しんだ男性は、「映像が印象に残りました。最速を目指すという厳しい環境の中にも、和気あいあいとして開発を行った雰囲気を感じました」と、感慨深そうに話しました。

企画展会場の入口には、「研三」の大きなオブジェが飾られており、小・中学生向けの小冊子も用意しています。ぜひ、ご家族でご覧ください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

航空宇宙博物館運営推進室
電話:058-383-9926
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。