エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報介護保険介護保険サービスの利用方法・費用について › 福祉用具・住宅改修


ここから本文です。

福祉用具・住宅改修

ID番号 K514更新日 令和2年6月2日

福祉用具貸与

貸し出しの対象となる福祉用具は、次の13種類です。

  1. 車いす
  2. クッション、電動補助装置などの一定の車いす付属品
  3. 特殊寝台
  4. マットレス、サイドレールなど一定の特殊寝台付属品
  5. 床ずれ防止用具
  6. 体位変換器
  7. 手すり(取り付けに際し工事を伴わないものに限る)
  8. スロープ
  9. 歩行器
  10. 歩行補助つえ
  11. 認知症老人徘徊感知機器
  12. 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  13. 自動排泄処理装置(要介護4・5の方のみ)

(注)要支援1、2の方、要介護1の方は、上記1・2・3・4・5・6・11・12の福祉用具は、原則使用できません。ただし、国が定める基準に該当される方は、使用可能な場合があります(軽度者に対する例外給付)。詳しくは、担当のケアマネジャーにお尋ねください。

居宅介護福祉用具購入

介護保険を使って購入する場合は、都道府県の指定を受けた指定事業者から購入してください。

購入の対象となる福祉用具は、次の5種類です。利用限度額は、年間10万円までです(要介護度ごとの月々の利用限度枠とは別枠)。
支払いの方法は、「償還払い」と「受領委任払い」があります。

  1. 腰掛便座
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品 
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具の部分

支給申請書に下記の書類を添えて提出してください。

  • 領収書
  • 福祉用具のパンフレット

居宅介護住宅改修

保険の対象となる住宅改修は、次の6種類です。利用限度額は、原則として1件につき20万円までです。(要介護度ごとの月々の利用限度枠とは別枠) 支払いの方法は、「償還払い」と「受領委任払い」があります。

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  4. 引き戸などへの扉の取り替え
  5. 洋式便器などへの便器の取り替え
  6. その他これらの各工事に附帯して必要な工事
    (注)屋外部分の改修工事も給付の対象となります。

(注)事前に申請が必要です。

住宅改修についての詳細は下記をご覧ください。

工事着工前に、支給申請書に下記の書類を添えて提出してください。

  • 住宅改修が必要な理由書(介護支援専門員などが作成)
  • 工事費見積書
  • 住宅改修の完成予定の状態が分かるもの(写真、簡単な図を用いたもの) 

工事完了後、完了届に下記の書類を添えて提出してください。

  • 領収書
  • 工事費内訳書
  • 完成後の状態が確認できる書類(改修前および改修後それぞれの写真)
  • 住宅の所有者の承諾書(改修を行った住宅の所有者が当該被保険者でない場合)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

介護保険課
電話:058-383-1778
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。