エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報その他の情報 › 改元に伴う公文書の元号の取扱いについて


ここから本文です。

改元に伴う公文書の元号の取扱いについて

ID番号 K29502更新日 平成31年4月2日

市が発送する文書については、従来から原則として元号(和暦)を使用しています。
「元号を改める政令」の施行により、5月1日から元号が「令和」に改められ、同日以後に市から発送する文書については、原則として新元号である「令和」で表記します。
ただし、事務処理の都合上、5月1日以後の日付が、旧元号である「平成」で表記しているもの(納税通知書の納期限など)もあります。
平成により表記された期日などは、法律上の効果が変わることはありませんので、新元号の応当日に読み替えていただきますよう、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 

このページに関するお問い合わせ

総務課
電話:058-383-1111内線2201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。