エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報環境・ごみ・ペットごみ › スプレー缶の穴あけにご注意ください


ここから本文です。

スプレー缶の穴あけにご注意ください

ID番号 K27605更新日 平成31年1月16日

これからの寒い季節はカセットボンベなどスプレー缶を利用する機会が多くなります。
スプレー缶の中には可燃性のガスが入っており、ガスが近くの火器に引火することにより火災となることがあります。
スプレー缶を廃棄する際は、以下のことにご注意ください。

スプレー缶の出し方

スプレー缶を廃棄する場合は、製品に記載されている注意書きを確認の上、必ず中身を使い切って、缶に穴を空けてください

スプレー缶に穴を開ける際には、

  1. 風通しのよい屋外で作業する。
  2. 周囲に火気のないことを確認する。
  3. 噴射口からシューという音がしなくなるまでガスを抜く。
  4. 缶に穴を開ける。

【注意事項】
・穴を開ける際は周りに人がいないことを確認し、顔や衣服にかからないよう注意してください。
・中身が気化しないものは、布や紙に吹き付けて使い切ってから穴を開けてください。

スプレー缶は各務原市では分別して出すごみ(カン類)として回収しています。ごみ出しルールを必ず守ってください。

 

このページに関するお問い合わせ

環境政策課
電話:058-383-4230
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。