エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報環境・ごみ・ペットペット › 犬の登録と狂犬病予防注射


ここから本文です。

犬の登録と狂犬病予防注射

ID番号 K18395更新日 平成29年3月10日

登録・変更・死亡

  • 生後91日以上の犬は登録が必要です(生涯に一度の手続きとなり、鑑札を交付します)。犬を買ったり、譲り受けたりした場合は登録の手続きをしてください。犬の登録料は、1頭につき3,000円です。
  • 飼い主の氏名、住所などに変更があったときは、変更の届け出をしてください(他の市町村から転入された場合は、旧鑑札が必要です)。 
  • 犬が死亡したときは、鑑札、狂犬病予防注射済票を持参のうえ、死亡の届出をしてください。      

(注)いずれの手続きも、市役所環境政策課で行うことができます。  

狂犬病予防注射を毎年1回必ず接種しましょう

狂犬病予防注射

  • 恐ろしい狂犬病から人命を守るため、生後91日以上の犬は毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています(4~6月に予防注射を受けさせるように定められています。狂犬病予防法施行規則 第11条第1項)。
  • 狂犬病予防注射は、集合注射会場または動物病院で接種してください。
  • 各地区を巡回する集合注射については、毎年4月に実施します。
  •  注射の際は毎年3月末頃にお送りする「狂犬病予防注射のお知らせ(ハガキ)」を持参してください。

注射済票の交付

狂犬病予防注射後には、注射済票の交付を受けてください

  • 狂犬病予防注射交付手数料 550円

集合注射会場 ・各務原市と契約をしている動物病院で注射をする場合

注射した後、その場で「注射済票」を交付します。注射済票は、犬が予防接種注射を受けたことを証明するものですので、首輪などに必ずつけておいてください。  
(注)「各務原市と契約をしている動物病院」については、市役所環境政策課(直通 058-383-4231)へお問い合わせください。

各務原市と契約をしていない動物病院で注射をする場合

注射した後、その病院の発行する「予防注射済証明書」と「狂犬病予防注射のお知らせ(ハガキ)」をもって次の場所にお越しください。そこで「注射済票」の交付手続きをします(動物病院の中にはこの手続きの代行をしてくれるところもあります。病院でお尋ねください)。

  • 市役所環境政策課
  • 鵜沼市民サービスセンター(平成29年4月から)※登録済の犬のみ受け付けています。登録していない場合は、市役所環境政策課までお越しください。

犬が高齢や病気等で狂犬病予防注射を受けることができない場合

獣医師から狂犬病予防注射実施猶予証明書をもらい、市役所環境政策課へ提出してください(郵送可)。 

犬の鑑札と注射済票について

鑑札、注射済票の両方を犬の首輪などに必ずつけておいてください。犬が迷子になってしまっても、発見されたときに鑑札もしくは注射済票がついていれば、飼い主に連絡することができます。もし、飼い主が判明しなかった場合は保健所で抑留した旨公示した後、処分されることになります。

(注)犬の鑑札や狂犬病予防注射済票を紛失した場合は、市役所環境政策課で再交付を受けることも可能です。

  • 犬の鑑札の再交付手数料 1,600円 
  • 狂犬病予防注射済票再交付手数料 340円

このページに関するお問い合わせ

環境政策課
電話:058-383-4231
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。