エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報子育て・教育 › 児童手当


ここから本文です。

児童手当

ID番号 K371更新日 平成28年12月13日

 次代の社会を担う児童の健やかな育ちを応援するため、平成24年4月1日から子ども手当から児童手当に名称が変更されるとともに、平成24年6月分(10月支給分)から所得制限が設けられました。
 

対象

 中学校修了までの児童を養育している方

支給月額(児童1人につき)

  • 3歳未満:1万5千円(3歳の誕生日の月まで)
  • 3歳以上~小学校6年生:1万円(第3子以降は1万5千円)
     (注)児童の数は18歳に到達した最初の3月31日までの児童の数で計算します。
  • 中学生:1万円
  • 所得制限基準額を超えた方:5千円(年齢などにかかわらず一律)
     (注)法律の本則上は支給されませんが、当分の間「特例給付」として支給されます。

支給時期

 2月、6月、10月に、前4カ月分がまとめて支給されます。
 振込通知は送付しません。通帳記入して確認してください。
 口座振込は、原則13日です(その日が金融機関の休日にあたる場合は、その前営業日に振り込まれます)

申請手続

出生のとき

 出生届を提出された後に、児童手当の請求手続きが必要です。 申請されないと受給できません。 (出生届を提出しただけでは児童手当は受給できません)
 出生日の翌日から15日以内に申請すれば、出生月の翌月分から支給されます。
 里帰り出産をして、出生届を各務原市以外に提出した場合、児童手当の申請は児童の保護者のうち所得の高い方(主たる生計者)の住民登録がある市町村で行うこととなります。主たる生計者が各務原市に住民登録されている場合は各務原市に申請してください。

転入したとき

 転入届を出された後に、児童手当の請求手続きが必要です。 申請されないと受給できません。 (転入届を提出しただけでは児童手当は受給できません)
 転出予定日の翌日から15日以内に申請すれば、転出予定日の翌月分から支給されます。

転出されるとき

 転出届を出された後に、児童手当の消滅手続きが必要です。
 児童手当は転出予定の月まで各務原市が支給します。 なお転出先の市町村で新たに請求手続きが必要となります。

 転出予定日から15日以内に転出先の市町村にて手続きされないと、支給されない月が発生する場合があります。

注意事項

  • 請求者が被用者(会社員など)である場合は、健康保険被保険者証の写しまたは厚生年金等加入証明書が必要です。
  • 公務員の方は職場で手続きしてください。
  • 請求者でない方が認定請求の手続きをされる場合は、委任状などの代理権が確認できるものをお持ちください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課
電話:058-383-1131
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。