エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報子育て・教育小学生に関すること › 「こもれび子ども食堂」(11月18日)


ここから本文です。

「こもれび子ども食堂」(11月18日)

ID番号 K32505更新日 令和元年11月18日

「子ども食堂」と「はたけサロン」が連携!サツマイモ収穫体験

 今年7月、市の補助金を活用し「こもれび子ども食堂」が開設しました。これまで、夏休みに5回、学校の振替休業日に1回、子ども食堂を運営し、地域の子どもたちや高齢者で大いに賑わいました。
 7回目となるこの日は、15人の子どもたちが、「はたけサロン」の畑でサツマイモ堀りを体験。子どもたちに高齢者との交流、農作業を体験してもらおうとサロンの参加者から芋掘りの申し出があり実現しました。サツマイモは、サロンの参加者により6月に植えられたもので、紅あずまと金時の2種。子どもたちはサロンの参加者にコツを教わりながら、軍手とスコップを使って、もくもくと芋を掘りました。
 参加した川島小学校5年生の小島千瑛里さんは「土が固くて掘るのが大変でした」と、農作業の大変さを感じていました。

  • はたけサロン事業 高齢者の社会参加や介護予防を促進するため、6月~11月にかけて、野菜苗の植え付けや草引き、収穫などの農作業を行う「はたけサロン」を実施している事業です。

サツマイモ堀をする子どもの様子

サツマイモ堀をする子どもの様子

掘ったサツマイモを使用し、おにまんじゅう作り

 掘ったサツマイモを使用し、昼食後のレクリエーションにおにまんじゅうを作りました。おにまんじゅう作りには17人の子どもが参加。初めておにまんじゅうを作る子が多く、サツマイモの固さに苦戦する様子も見られました。
 出来上がったおにまんじゅうをほおばる子どもたちは、「甘くておいしい、おかわりしたい」と笑顔で話していました。

サツマイモを切る様子

出来上がった生地を型に流す様子

こもれび子ども食堂の利用について

利用には事前申込が必要(今年度分の受け付けは終了しています)。正午から午後1時までは昼食、午後1時から3時まではレクリエーションの時間です。利用料金は、子どもは無料、その他は実費相当程度です。
詳しくは子育て支援課または、下記までお問い合わせください。

シニアフィットネスこもれび
住所 川島松倉町2370番地32 電話 0586-89-6418

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課
電話:058-383-1555
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。