エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報高齢者福祉その他支援事業等 › 成年後見制度利用の支援


ここから本文です。

成年後見制度利用の支援

ID番号 K441更新日 平成28年4月14日

成年後見制度利用の支援について

成年後見制度とは

 認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

 また、自分に不利益な契約であっても、判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

支援・助成

 成年後見制度の利用が必要にも関わらず、二親等以内に親族がいない場合、他の親族が後見人を拒否した場合で、申立て自体できない方に対しては、市長が申立人となり、適切な後見人などが選任されるよう、支援をします。

 また、成年後見制度の利用が必要である一方で、本人の収入、資産状況などから、審判請求費用および後見人などへの報酬の支払いが困難な方に対して、申立費用の助成および後見人等報酬額の助成をします。

 ご相談は直接高齢福祉課へお電話ください。

添付ファイル

申請書に必要な書類を添えて提出します。

助成金の支給の決定通知を受けた方は、助成金の請求書に必要な書類を添えて提出します。

関連リンク

助成金や市長申立をしない場合の相談先

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

高齢福祉課
電話:058-383-2124
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。