エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報障がい福祉各種相談 › 窓口相談など


ここから本文です。

窓口相談など

ID番号 K494更新日 平成27年6月30日

福祉サービスの利用、生活の不安や悩み、家族関係や人間関係に関すること、就労に関することなどの福祉に関するさまざまな相談について、市(社会福祉課・各務原市障害者生活支援センター)または相談支援事業者などが受け付けています。要望または必要に応じて、自宅訪問や同行支援も行います。
また、医療、保健、福祉、教育、就労などの関係機関と連絡調整しながら、必要な情報の提供や助言を行い、障がいのある方のよりよい暮らしを支援します。

対象者

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、発達障がい者、高次脳機能障がい者、難病患者とその家族および関係者

相談内容

  1. 福祉サービスの利用に関すること
    サービスに関する情報提供、事業者の紹介、サービス利用の手続きなどを説明します。
  2. 障がいや症状の理解に関すること
    障がいの状況などについて、わからないことや、困っていること、家族がどう対応したらよいかなどについての相談に応じます。
  3. 健康・医療に関すること
    医療機関の紹介や同行、服薬管理、生活のリズムや生活習慣で困っている方の相談に応じます。
  4. 不安の解消・情緒安定に関すること
    こころの不安や孤独感に対して、話を伺い、気持ちを軽くするお手伝いをします。必要に応じて、専門の医師や精神保健福祉士による「こころの相談」を紹介します。
  5. 保育・教育に関すること
    障がい児の保育と教育に関して、家族からの相談に応じます。
  6. 家族関係・人間関係に関すること
    障がい者とその家族との人間関係、近隣とのトラブル、サービス事業所での人間関係などでお困りのケースについて、調整します。
  7. 家計・経済に関すること
    生活するための経済面での相談、年金・手当・生活保護制度に関する相談に応じます。
  8. 生活技術に関すること
    金銭管理がうまくできない、家事、育児の方法がわからないなど、生活の技術面で困っている方の相談に応じます。
  9. 就労に関すること
    就労を希望している方に対して、「障害者職業センター」などの機関を紹介したり、職場活動や面接に関する支援等を相談センターと連携しながら行います。また、就労までの訓練を行う福祉サービス事業所を紹介します。
  10. 社会参加・余暇活動に関すること
    外出、サークル活動などを希望する方に対して、その紹介と見学についての同行などを行います。
  11. 日常生活自立支援(権利擁護)に関すること
    障がい者に対する虐待発見時の保護のための措置、金銭管理や簡単な手続きの代行をする事業所の紹介、障がい者の権利を守るために後見人をつけるなどの相談に応じます。
  12. その他、さまざまな困りごとなどの相談に応じます。

相談方法

  1. 電話相談
    電話による相談を担当職員が受けます。
  2. 外来相談
    窓口に来られた方からの相談を担当職員が受けます。また、心の不安等に関する相談については、精神科医や精神保健福祉士による「こころの健康相談」を受けることができます(要予約)。
  3. 訪問相談
    自宅を担当職員が訪問して相談を受けます。場合によっては、相談センターなどの関係機関が同行する場合もあります。
  4. 同行支援
    福祉サービス事業所等への同行を支援します。
  5. 個別支援会議

ご本人と関係機関による個別の支援会議を開催し、それぞれの要望に対応できる支援方法やサービス計画を検討します。

このページに関するお問い合わせ

社会福祉課
電話:058-383-1126
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。