エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市埋蔵文化財調査センター › 山後2号墳 発掘調査


ここから本文です。

山後2号墳 発掘調査

ID番号 K26600更新日 平成30年12月6日

発掘調査が終了しました

完掘状況
完掘状況

 住宅地開発にともない消滅する山後2号墳の緊急発掘調査が、11月17日(土曜日)に終了しました。
 

 約1か月にわたる調査の結果、墳丘の東側1/3程が失われていましたが、死者の亡骸を安置した横穴式石室を確認することができました。石室は西側に入口が設けられ、山から切り出した石材を積み上げた壁、拳大の石を敷き詰めた床が良好に残っています。石室の中からは副葬品と思われる須恵器、勾玉、ガラス玉などが出土しました。

石室内の発掘作業の様子
石室内の発掘作業の様子

 山後2号墳とは、那加山後町一帯に所在する山後古墳群のうちの1基です。かつては9基の古墳があったと伝えられますが、現在残っているのは6基です。いずれも6世紀後半~7世紀に築造された古墳であると思われますが、現在まで発掘調査の事例がなく詳細は不明でした。
 
 このたびの発掘調査の成果は、今後埋蔵文化財調査センターにおいて報告書にまとめて刊行し、その記録を残していきます。

 

 所在地:各務原市那加山後町3丁目
 期間 :平成30年10月11日(木曜日)~11月中旬(予定)

このページに関するお問い合わせ

埋蔵文化財調査センター
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。