エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市埋蔵文化財調査センター › 坊の塚古墳現地説明会を行いました


ここから本文です。

坊の塚古墳現地説明会を行いました

ID番号 K28144更新日 平成31年3月26日

坊の塚古墳全景
坊の塚古墳全景


集まってくださった見学者の方々

平成30年12月22日(土曜日)、坊の塚古墳第4次調査の現地説明会が開催され、発掘現場を市民の皆様に公開しました。


発掘現場に向かう

この時期としては暖かい1日でしたが、時おり雨が降る天候の中、約200人もの方が見学に来てくださいました。中には兵庫県や大阪府、静岡県など、遠方から駆けつけてくれた方もいらっしゃいました。


学芸員による説明

午前中に学芸員による説明があり、熱心に聞き入る姿が見られました。
質問も多く寄せられ、皆さんの坊の塚古墳に対する興味が大きいことが感じられました。

午後からは雨が上がり、見学に来られた方も増えてきたので、再度説明を行いました。


調査区1 3段構造

過去3年間にわたって古墳の後円部や埋葬施設の調査を行いましたが、今年度は西側の前方部で調査を行いました。
調査の結果、前方部でも古墳の盛土を覆っている葺石が見つかりました。これまで前方部は2段構造と予想されていましたが、調査によって3段であることがわかりました。


前方部と後円部の境目

前方部と後円部の境目では、斜面がきれいに折れ曲がり、葺石も前後で切り替わる様子が観察できます。

葺石の最下段にはやや大型の基底石を積んで、斜面の葺石を支えています。


円筒埴輪の列

古墳の墳頂部では、円筒埴輪が4個体、前方部の端に沿って並べられていました。

円筒埴輪の上部は破壊されていますが、基部が古墳に直接埋められた状態で出土しています。

 

 

 

5か年にわたる坊の塚古墳の発掘調査は、いよいよ来年度で最後となります。

坊の塚古墳の発掘調査について、市民の皆さんの意見もぜひ、お聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

埋蔵文化財調査センター
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。