エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市埋蔵文化財調査センターイベント・講座案内 › 馬具・陶馬(とうま)


ここから本文です。

馬具・陶馬(とうま)

ID番号 K8775更新日 平成31年4月8日

各務原市の遺跡から出土した馬具・陶馬の紹介

馬具(ふな塚古墳・大牧1号墳出土)

馬具の種類と名称
馬具の種類と名称

古墳に納められた副葬品の中には、葬られた人の権威を示す勾玉などの装飾品や刀などの武器のほか、馬飾りが見つかることがあります。馬は古墳時代に初めて大陸からもたらされたもので、きらびやかな飾りをつけられた馬は、権力の象徴となっていました。

陶馬(各務寒洞窯跡・稲田山古窯跡出土)

陶馬
陶馬

大陸から伝わった風習のひとつで、川や井戸の水に関わる祭祀や、雨乞いなどのまじないに用いられたとされます。
当時、牛や馬を水神にささげるために生贄にすることがあったようで、その代わりのものとしてこうした土製品が作られました。そのほか、よいことを運んでくる神様の乗り物「神馬」として祀ったり、またはその逆に疫神の乗り物とされ、伝染病など悪いものを運んでこないように陶馬の一部をわざと壊すなどして、厄除けにしたとも考えられています。

区切り線

このページに関するお問い合わせ

埋蔵文化財調査センター
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。