エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム村国座 › 平成の大修理


ここから本文です。

平成の大修理

ID番号 K806更新日 平成28年7月4日

 村国座は、築140年の長い年月を経過し、全体的に捩れて傾き、建物の表面だけでなく柱や土台など骨組みにまで傷みが及んでいました。そのため貴重な文化財である村国座を維持していくためには、大掛かりな修理が必要な状況となっていました。加えて、耐震診断を行ったところ、震度5強の地震で建物が倒壊する恐れがでてきたため、緊急に耐震補強を施す必要があることがわかりました。

事業費工事費

191,100千円

内訳

  • 国庫補助金 95,550千円
  • 県補助金 8,833千円
  • 市費 86,717千円 

工期

平成18年10月~平成21年1月(3カ年)

工程

平成18年度

  • 屋根・下屋・壁・床組・礎石などの解体
  • 瓦の選別

平成19年度

  • 部材修繕
  • 耐震補強
  • 礎石据直し
  • 瓦制作
  • 瓦葺き
  • 下屋軸部組立

平成20年度

  • 部材組立
  • 壁塗り
  • 床板・建具取付
  • 回り舞台
  • 附帯設備
  • 外構工事

半解体修理について

半解体修理の写真

 村国座平成の大修理では、文化財の修理で一般的な半解体修理という方法で工事が進められました。半解体修理というのは、村国座を支える10本の主柱とそれに架かる梁組みを解体することなく、屋根や壁、床、石積み壁など建物の大部分を解体して修理を行う工事で、村国座のような伝統工法で建てられた木造建築は、一旦解体して、一つひとつの部材の傷みを繕い、緩んだ木組みを締めなおしつつ再び組立てれば、建物の歪みや強度がほぼ元の状態に戻ります。また、部材の修繕にあたっては、可能な限りオリジナルを維持できるよう「埋木・継木・剥木」といった保存修理の技法を使って、部材の損傷状況を見極めながら傷んだ個所のみ繕い、再び同じ場所へ、同じ工法で組み直しました。

構造補強について

構造補強の図

 耐震補強工事は、震度5程度の耐震性能を確保しつつ、文化財である村国座の損傷をできる限り小さくし、なおかつ補強材をできる限り目立たせないよう取り付けるために、鉄骨鉄筋コンクリートの地中梁を村国座の地中深くに巡らせ、この地中梁から自立する10本の鋼管柱で村国座本体の主柱を補強するという工法が採用されました。

復原について

復原の写真

 建物を解体した際、建っていたときには目に触れることのなかった部分が光の下にさらされ、建物の変遷や構造が明らかになります。平成の大修理では、建物の部材を丁寧に組み解き、鋸目跡や釘跡など部材に残る痕跡を一つひとつ精査して、どの時代にどのような手が加えられたかを検証しました。こうした痕跡調査を基に、村国座本来の姿を復元しました。

修理前の村国座の様子

舞台内部の写真
舞台内部

客席内部の写真
客席内部

南側外観の写真
南側外観

北側外観の写真
北側外観

修理前の村国座の損傷状況

破損した瓦 の写真
破損した瓦

腐朽した土台の写真
腐朽した土台

折れた柱の写真
折れた柱

傾いた柱の写真
傾いた柱

「安全祈願祭」から「土間の叩き仕上げ」まで

安全祈願祭の写真
安全祈願祭 平成18年11月7日

仮設工事
仮設工事 平成18年11月中旬~12月

大道具などの整理の写真
大道具などの整理 平成18年12月中旬

屋根解体・調査の写真
屋根解体・調査 平成19年1月~2月

内部床組解体・調査
内部床組解体・調査 平成19年1月~2月

壁解体・調査
壁解体・調査 平成19年1月中旬~2月上旬

下屋軸部解体・調査
下屋軸部解体・調査 平成19年2月~3月

廻り舞台解体・調査
廻り舞台解体・調査 平成19年3月~4月

花道解体・調査
花道解体・調査 平成19年3月~4月

古材解体・調査の写真
古材解体・調査 平成19年3月~

奈落の石積み解体・調査
奈落の石積み解体・調査 平成19年6月中旬~7月

建物揚方
建物揚方 平成19年7月中旬

礎石解体・調査
礎石解体・調査 平成19年7月下旬

地盤掘削
地盤掘削 平成19年7月~8月

礎石復旧工事の写真
礎石復旧工事 平成19年9月~12月

耐震用鉄骨柱の建込み
耐震用鉄骨柱の建込み 平成19年9月

地中梁埋設工事
地中梁埋設工事 平成19年9月~11月

石積み復旧工事
石積み復旧工事 平成19年10月~12月

補足瓦の製作
補足瓦の製作 平成19年10月~12月

古材の修繕
古材の修繕 平成19年3月~平成20年9月

軸部組立て
軸部組立て 平成20年10月中旬~12月初旬

屋根下地組立
屋根下地組立 平成19年12月末~平成20年2月

屋根・瓦葺き
屋根・瓦葺き 平成19年12月末~平成20年5月

壁復旧(荒壁)
壁復旧(荒壁) 平成19年12月末~平成20年5月

客席(平土間)復旧
客席(平土間)復旧 平成20年3月末~平成20年7月末

回り舞台復旧
回り舞台復旧 平成20年6月末~平成20年8月

足場解体工事
足場解体工事 平成20年9月末~10月初旬

土間の叩き仕上げ
土間の叩き仕上げ 平成20年12月~平成21年1月初旬

このページに関するお問い合わせ

文化財課
電話:058-383-1475 ファクス:058-389-0218
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。