エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム市政情報情報公開 › 個人情報保護制度


ここから本文です。

個人情報保護制度

ID番号 K974更新日 平成30年6月15日

各務原市個人情報保護条例に基づき、市が保有している個人情報を取り扱うときの基本的なルールを定めるとともに、市民の皆さんの権利として、自分に関する個人情報の開示、訂正、利用停止の請求権を保障する制度です。この制度により、公正で民主的な市政の実現と市民の基本的人権を擁護することができます。

対象となる個人情報とは

氏名、住所、生年月日、性別、所得など個人に関する情報で、特定の個人が識別され、または識別され得るものです。

請求できる方

自分についての個人情報が記録されていれば誰でもできます。

  1. 開示の請求
    自分に関する個人情報の開示を請求することができます。
  2. 訂正の請求
    自分に関する個人情報に関して誤りがあるとき、個人情報の訂正を請求することができます。
  3. 利用停止の請求
    市が個人情報を取り扱うときのルールに違反して、個人情報を収集しているとき、またはルールに違反して個人情報を目的外利用しているときは、自分に関する個人情報の利用の停止または消去を請求することができます。また、自分に関する個人情報がルールに違反して外部提供されているときは、その提供の停止を請求することができます。

請求の方法

請求をしようとする方は、個人情報を特定するために必要な事項を所定の書面に記載し、当該個人情報を保有する所管課または企画総務部総務課に提出してください(注1)。このとき、免許証や健康保険証などにより、本人であることを確認させていただきます(注2)。

(注1)教育委員会、消防長、水道事業、議会など市長以外の実施機関に対して請求をする場合は、その実施機関の窓口に提出してください(例:水道事業が保有する個人情報については、水道庁舎の窓口)。

(注2)未成年者または成年被後見人の法定代理人が請求する場合は、法定代理人自身の免許証や健康保険証などの本人確認書類に加え、戸籍謄本その他法定代理人の資格を証明する書類の提出が必要です。

亡くなった方の法定相続人が請求する場合は、法定相続人自身の免許証や健康保険証などの本人確認書類に加え、戸籍謄本その他法定相続人であることを証明する書類の提出が必要です。

請求に対する決定

請求に対する決定は、請求をした日から起算して、開示の請求にあっては15日以内に、訂正・利用停止の請求にあっては30日以内に行われ、その内容は書面により通知されます。
ただし、やむを得ない理由により、この期間内に決定することができないときは、この期間を延長することがあります。

費用の負担

閲覧に係る手数料は無料ですが、写しの交付を希望される場合には、写しの作成に要する費用を負担していただきます。

決定に不服があるとき

請求に対する決定に不服のあるときは、3か月以内に不服申立てができます。

このページに関するお問い合わせ

総務課
電話:058-383-1111内線2201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。