エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジン › 図書コンシェルジュ平成30年1月


ここから本文です。

図書コンシェルジュ平成30年1月

ID番号 K22176更新日 平成30年1月1日

さかさま

「さかさま」の写真

  • 作・絵:TERUKO
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

同じ絵本の中に2つの物語が同時に進む珍しい本です。「赤い星」と「青い星」に住む人々は、それぞれ幸せに暮らしていました。次第に隣の星からにおいや煙がくるようになり、幸せな生活を守るべく戦いが始まります。お互いに傷つけあい倒れていく星の人たち…悲しみの中でかれらは読む人に語りかけます。「ねぇ、私たちはなにをまちがえたの。どうしたらよかったのかな。」
同じ世界の出来事でも考え方や物のとらえ方は人によって違います。相手の立場を思いやることの大切さを絵本から学び、考えてみませんか。(対象 幼児から)

しめかざり

「しめかざり」の写真

  • 文・絵:森 須磨子
  • 出版社:福音館書店

みなさんは、お正月の風物詩であるしめかざりにどんな意味が込められているか知っていますか。
材料となるワラは、お米がたくさん実るようにとの昔の人々の願いをワラが守ってくれた感謝に由来して使われています。すがすがしいワラの青色は、職人の適切な温度や湿度管理の努力によるものです。
全国には、地域や作る人によってさまざまな形があり、縁起のよい鶴や亀、へび、神様の乗り物とされた馬、豊作を願った俵などの種類があります。縄のねじれ方向にも秘密があり、左方向へのねじれは左を「神聖」とする考えからきています。飾りとなるエビは腰が曲がる寿命までとの意味で、みかんの飾りは家族の健康を願ってダイダイ(代々)と呼ばれています。
みなさんのしめ飾りはどんなものですか。
誰かを大切に思う気持ちが込められていると思うと嬉しくなりますね。新しい年を迎えるのに「ありがとう」と言いたくなる、そんな本です。(対象 小学生中学年から)

小さな人気店をつくる!移動販売のはじめ方

「小さな人気店をつくる!移動販売のはじめ方」の写真

  • 著者:平山 晋 
  • 出版社:同文舘出版

移動販売のはじめ方を一から丁寧に解説したハウツー本。
開業するにあたっての、必要な資格や許可の取り方、資金の見積もり、商品の売り出しスタイルなど実例を挙げて紹介されています。他にも、実際に開業してから起こってしまう問題と、その問題の解決策などもわかりやすく説明されており、開業に向けて夢見る方には重宝する一冊です。
また、開業の予定はなくても、読んでみるだけで「自分ならどんな商品を出そうか。」「こんな移動販売車が欲しい!」など、思わずすてきな妄想が広がります。(対象 一般)

このページに関するお問い合わせ

中央図書館
電話:058-383-1122
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。