エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジン › BEST SMILE(ベスト スマイル)


ここから本文です。

BEST SMILE(ベスト スマイル)

ID番号 K22178更新日 平成30年1月1日

田中美琉さんの写真

田中美琉さん(那加中学校2年)

書道をたしなむ母親の影響で、小さいころから筆を握り、書道は生活の一部。今回、「第85回全国書画展覧会」で、13万2549点の応募の中から、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞に次ぐ、広島県知事賞を受賞しました。

今回の受賞は、夏休みを全力で駆け抜けた自分へのご褒美だと思います

広島県知事賞の受賞、おめでとうございます。受賞の喜びを聞かせてください

「全国書画展覧会」は、担任の先生に勧められて、初めて応募しました。どれくらいの応募件数があるのか、展覧会の規模もよく知らなかったので、学校で受賞したことを教えてもらったときは、「あぁ、よかったなぁ」と思っただけでした。
家に帰って、母から、全国規模の大会で3番目の賞をいただいたことを知って、だんだんと嬉しさが込み上げてきました。

受賞作品の字

賞状と盾の写真

きっとたくさん練習を重ねたと思います。作品にどれくらいの時間をかけましたか?

書道を練習しているようすの写真

夏休み期間中、練習に打ち込みました。中学校の剣道部の部活が午前中にあって、とってもハードなので、部活の後には集中して筆を持つことができませんでした。そこで、早朝に練習することにしました。「全国書画展覧会」の課題として「社会」を練習しましたが、これと並行して、別の展覧会の課題作品も練習していたので、どの課題も満遍なく練習するようにしました。
朝5時くらいから、まだ涼しい時間帯に集中して練習できたことが、良かったと思っています。正座して筆を持つと、調子のよい時とそうでない時が分かります。調子が良くないときも、気持ちを落ち着かせて集中するように心がけました。
夏休みは、部活も書道も全力で取り組んだので、自分でも「よくがんばったなぁ」と思っています(笑)。

今後はどんな作品を書いてみたいですか?

自分で決めた字を書いてみたいです。今までは、課題作品に取り組んできたので、決められた字を練習してきました。自分なりの思いを込めた字を書いてみたいです。
それと、色墨を使って書いてみたいです。私の家には、母が色墨を使って仕上げた作品が飾ってありますが、そんな作品も書いてみたいなと思っています。

書道の作品写真

書道の作品写真

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。