エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジン › 平成31年4月 平成30年度入庁職員が考えた!市の職員採用に向けた3つの企画とは?1ページ目


ここから本文です。

平成31年4月 平成30年度入庁職員が考えた!市の職員採用に向けた3つの企画とは?1ページ目

ID番号 K29479更新日 平成31年4月1日

平成31年4月 平成30年度入庁職員が考えた!市の職員採用に向けた3つの企画とは?の画像

各務原市役所に入庁した1年目の職員は、配属された部署での業務のほかに、「採用1年目研修」に取り組みます。10月から始まった秋季研修では、「職員の採用試験で、より多くの人に応募してもらうための施策」をテーマに、グループに分かれて企画を考えました。その結果、3つの企画を実施することに。企画案の段階から、実施までの研修に密着しました。

採用1年目研修の最後は「秋季研修」

消防研修に取り組む職員

そもそも、採用1年目研修は、どんなことに取り組むのでしょうか。研修は、内容・時期ともに多岐に渡ります。初めての研修は、入庁する前の3月にスタート。市の取組を知り、接遇応対講座を受けることで、市の職員としての知識を習得します。
入庁後も、研修は続きます。「4カ月を振り返って」と題したプレゼンテーションを行う夏季研修や、規律を学ぶ消防・防災・救命業務研修、人権研修、税務研修など…こうした幾つもの研修を重ねて、「秋季研修」の時期を迎えます。

職員に与えられた、新たな「課題」とは

研修の打ち合わせをしている写真

秋季研修は、人事課から与えられたテーマに沿って、グループごとにアイデアを出し合い、企画案を提示するというもの。テーマはその年により異なります。毎年新しい提案が生まれ、これまで数多くの企画が実現されてきました。
今回のテーマは「職員の採用試験で、より多くの人に応募してもらうための施策」。9月19日、前年の10月に採用された職員を含む27人が集まり、人事課から秋季研修の説明を受けました。企画案は6~7人に分かれた4つのグループごとに出し合います。

中間発表は1カ月半後の11月1日

秋季研修では、進捗状況を確認するために、中間発表と最終発表を行います。中間発表まで与えられた期間は1カ月半。まずは、職員採用の現状を把握しなければなりません。採用に関する資料をもとに、現状を知り、課題解決となる根拠を分析します。他市町村の取組を調べて、その効果を調べたり、アンケートを実施したりして、データを収集していきました。
加えて、企画の提案に大切なことは、「採用1年目職員の視点で、企画案を出す」ということ。それを踏まえて、採用試験を受けていたときのことを振り返りながら、「どんな情報を伝えるべきか」、「どのような伝え方が効果的か」、「どうすれば魅力が伝わるか」を考えました。

アドバイスをもとに、企画案を練る

研修で中間発表をする職員

いよいよ中間発表の日がやって来ました。中間発表は、企画案について講評を行う市の幹部職員6人と、秋季研修に取り組む全職員の前で行います。これまで調べてきて分かった成果や企画案を、制限時間内で発表します。プレゼンテーションに与えられた時間は15分。それぞれのグループが、どんな企画を発表するのか、緊張の瞬間でもありました。
中間発表では、グループごとに2~3つの案を発表しました。企画案は、今ある採用の取組にアレンジを加えた案もあれば、これまでにないまったく新しい案までさまざま。グループの特色ある案が出そろいました。

ラストスパートを賭けて挑んだ最終発表

研修で最終発表をする職員

中間発表が終わり、ほっとしたのもつかの間。1カ月後の最終発表に向けて、実現性の高い案に練り直し、プレゼンテーションの準備を進めます。中間発表での講評をもとに、案を絞り、より具体的な内容にしました。
これまで練りに練った企画案を伝えられるのは、この日がラストチャンス。発表の仕方にも気合が入ります。すべてのグループが中間発表と同様、15分間の発表を終えました。

秋季研修の結果はいかに…

年が明けた1月10日。2カ月に渡り話し合いを重ねた、企画案の実現の有無について発表がありました。結果は、次の3つが選ばれ、新たにグループを編集して、実施に向けて再び動き始めることになりました。

  • 市職会(市の業務説明会)の開催
  • リトルプレス(職員や業務の紹介冊子)の改訂
  • 市ウェブサイトの改革
     

次のページでは、実施に向けた3つのグループの取組をご紹介します!

このページに関するお問い合わせ

人事課
電話:058-383-1450
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。