エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジン › web de 健康はココカラ


ここから本文です。

web de 健康はココカラ

ID番号 K30457更新日 令和元年7月1日

各務原市成年後見支援センター

各務原市成年後見支援センターを開設しました!

家族のイラスト

「各務原市成年後見支援センター」(以下センター)は、親族や支援する地域の皆さんに、成年後見制度を知ってもらい、利用利用を支持するための相談窓口です。
また、制度が必要な方を早期に把握し、支援につなげていくことも目的としています。判断能力の低下が見受けられる方も、制度を活用することで、安心して生活が続けられる地域を、センターは目指しています。

センターの役割

  • 相談業務
    成年後見制度についてあらゆる相談を受け付けます。状況に応じて適切な専門機関を紹介することもあります。センターにお越しいただけない場合は自宅や施設、病院などに訪問することも可能です。また、成年後見人などからの後見業務についての相談を受け付けます
  • 要援護者の支援
    認知症や知的障がい、精神障がいがあり、判断能力が不十分なために日常生活が困難な状況にある方について、法律や福祉の専門職とともに成年後見制度の活用を検討します
  • 利用支援
    成年後見制度の利用にあたり、必要な家庭裁判所の申立てについて、申立書類の書き方などの助言をします。また、後見人などが決定するまでの支援をします
  • 講演会・研修会
    正しく成年後見制度を知ってもらうために、地域住民を対象とした講演会や出前講座、行政・福祉関係職のための研修会を開催します

たとえば…こんなことでお困りではありませんか?ぜひ、センターへご相談ください

Case1 一人暮らしの叔母が認知症になって心配

Q.介護サービスを受けさせたいのですが、利用方法がわかりません

A.成年後見制度の利用で、後見人が介護事業者との契約を行います。本人に適した介護のサービスが受けられるよう手続きを行い、本人の生活を見守ります

Case2 認知症の母が、訪問販売などで高額な商品を買っている

悩んでいる女性のイラスト

Q.一人暮らしの認知症の母の家に、必要のない物や高額な請求書が届いて、困っています

A.認知症の方の場合、契約内容がよくわからないまま契約書にサインをしてしまう場合があります。成年後見制度の利用で、本人がだまされて結んでしまった契約を取り消すことができます

Case3 2人で暮らす母と障がいのある弟のことが気がかり

母と弟のイラスト

Q.高齢の母が亡くなった後、弟の財産管理が不安です

A.成年後見制度には、任意後見制度があります。
「任意後見制度」とは、判断能力が十分にあるうちに信頼できる人と契約を交わし、判断能力が不十分になった後に、その人に財産管理を任せることができる制度です

成年後見制度に役立つリンク集

  • 裁判所 後見ポータルサイト
    後見制度の利用を検討されている方に向けて、後見制度についての説明や手続きの流れ、申立に必要な書式や資料などを紹介しています
  • 岐阜家庭裁判所 成年後見制度などの手続きについて

「成年後見支援センター」開設記念講演会

「今、必要な制度、成年後見」
名前は聞いたことはあっても内容はよく知らない…。そのような皆さんに、制度を知ってもらうための講演会を開催します。
講師は市内で活動し、センターの立ち上げに関する検討会議の委員を務めた司法書士の横井岳志さん。多くの方の成年後見人を務め、県内の成年後見行政にも精通している方です。「今の自分には関係ない…」と思わないで、この講演がきっかけで、身近な人に支援の手を差し伸べれらるかもしれません。ぜひ、お聞きください。

日時・場所

7月29日(月) 午後2時~3時30分 産業文化センター1階あすかホール(那加桜町2)
(注)事前申込は不要です

このページに関するお問い合わせ

高齢福祉課
電話:058-383-1779
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。