エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジン › We Love! 学校


ここから本文です。

We Love! 学校

ID番号 K33775更新日 令和2年3月1日

We Love! 学校

中央中学校
住所:各務原市各務西町4丁目358-1

学校の教育目標・方針と重点

学校の教育目標

たくましく未来を切り拓く生徒の育成

  • 主体的に学習に取り組み、学力の向上を目指して学ぶ生徒
  • 仲間への思いやりをもち、仲間と協力できる生徒
  • 心身ともにたくましく、目標に向かって努力できる生徒

令和元年度 方針と重点

中央中への誇りと愛着を持ち、学ぶ力の向上と主体的な行動力を身に付け、未來を切り拓く基礎を育む~創立40周年新しい時代を築く1年~

  1. 主体的対話的で深く学ぶ力の育成
  2. 仲間の中で主体的に活動する力の育成
  3. 多様なニーズ、課題に対応した教育の実践

特色のある活動

「SS活動」について

重点(1)主体的対話的で深く学ぶ力の育成

  • 「SS(Student Student)活動」
    生徒同士が考えや表現を交流し、学びを深めていく学習活動

本校では、SS活動を研究実践の中核として位置付けています。
AIの進化によって到来する「高度情報化社会」を生き抜く生徒たちにとって、「自ら課題を設定し解決に向けて取り組む力」・「仲間や同僚との対話を通して思考を深め、よりよい方策を追求する力」などの育成が求められています。
本校ではSS活動を授業や各種活動に取り入れることで、各教科で身に付けたい資質や能力を育んだり、自ら活動のねらいを設定し、主体的に活動に取り組める個や集団を育成したりすることを目指します。そして、何より生徒たちが「わかった」「できるようになった」と、学ぶ喜びや活動の楽しさを仲間とともに実感できることを目指します。
授業では、どの教科でもクラス長・学習委員・各教科係が2分前着席を呼びかけたり、既習内容から問題を出し仲間が答える「1分間前学習」を行ったりします。授業後には、がんばっていた仲間の姿や次第への課題を発表します。仲間のよい姿をお昼の全校放送で発表し、目標となる学びの姿を広げています。

SS活動を考える要因(イメージ図)の写真

SSボードの掲示の写真

「SS活動」のようすの写真

「SS活動」のようすの写真

体育祭の取組について

重点(2)仲間の中で主体的に活動する力の育成・小中連携

本校では、体育祭の企画立案から当日の進行まで、すべて生徒会役員・各委員長が中心となって運営します。今年度の生徒会のスローガン「温故知新~心と行動~」には、「生徒一人一人が伝統について考えながら心を寄せ合うなかで、新しい文化が創造されるような学校にしたい」という願いが込められています。そこで、体育祭でもその願いを実現できるような企画・取組を行いました。
「普段の生活の向上が行事につながり、行事での高まりが日ごろの生活に生かされていく」ことを大切に考え、事前の取組としてキャンペーン活動を企画し、「身なり」と「時間」について全校で意識を高めました。また、互いのよいところを認め合うことで、自分ががんばる原動力にしたり仲間を思いやることにつなげたりすることを目指して、「高まりのかご(仲間の頑張る姿を認め、価値づける活動)」の取組をしました。
今年度は、新種目「棒引き(男女)」「ボール運び(4形態)」を取り入れたいと企画し、生徒総会で提案しました。当日は、生徒会役員を中心に各委員会に分担された係の仕事に、どの生徒も一生懸命取り組み、生き生きとした表情で競技や仕事に励む生徒の姿が多く見られました。
また、今年度は小中連携の一環として、隣の中央小学校から6年生児童を招待し、一緒に玉入れを楽しみました。小学生の児童が楽しめるようにルールを工夫するとともに、当日には拾った玉を小学生にそっと手渡したりする姿も見られ、温かい雰囲気の中で進行しました。

生徒会スローガンの掲示写真

体育祭のようす写真

体育祭のようす写真

体育祭のようす写真

ひびきあい集会について

重点(3)多様なニーズ、課題に対応した教育の実践

12月の人権週間をふまえて、毎年「ひびきあい集会」を位置づけています。
本校には、平成25年3月に起草された「中央中人権宣言(4条)」があります。各教室に掲示し、誰もが楽しく笑顔で学校生活を送るための指針となっています。しかし、年月の経過とともに、生徒たちの意識も薄れ、人権宣言に込められた願いに思いを馳せる姿も少なくなってきました。それを憂慮した生徒会役員たちが「ぜひ当時の生徒会役員に来ていただき、人権宣言に込めた思いや願いを聞くような場をつくりたい」と声をあげ、当時の生徒会長を務めた女性の方に事前に来校していただき、生徒会役員と当時の学校のようすや思い・宣言を起案するまでの経験などを語り合うようすをビデオ撮影しました。
集会では、撮影した映像を視聴した後、生徒会役員たちをパネリストに位置づけ、「あたたかい言葉とは」をテーマに意見交流をしました。一人一人が人権宣言に向き合うことの大切さを改めて学ぶことができた、有意義な会となりました。

ひびきあい集会のようす写真

当時の生徒会長との語り合うようすの写真

ひびきあい集会のようす写真

ひびきあい集会のようす写真

その他の活動

あいさつ活動

PTA活動との連携

あいさつは、家庭でも地域でも生活習慣の基本であり、人間関係づくりの上で大切なコミュニケーションの第一歩です。本校では、生徒会の取組や部活動を通して、あいさつを大切にした生活をしています。
また、家庭・学校・地域が一体となり、さらにあいさつの輪を広げていきたいと願い、PTAと連携して、前期と後期の2回「あいさつ運動」を展開しています。委員の方からは「目を見て挨拶をする姿、恥ずかしそうに小さく会釈する姿、参加された保護者の方にハイタッチで挨拶する元気な姿が見られました。生徒会の子どもたちの積極的な姿や、先生方が笑顔で子どもたちに声をかける姿も見られ安心しました」と感想をいただいています。

あいさつ運動のようす写真

あいさつ運動のようす写真

あいさつ運動のようす写真

あいさつ運動のようす写真

BP活動

重点(2)仲間の中で主体的に活動する力の育成

本校生徒会の三本柱(重点)の1つに清掃活動があります。そこで、掃除の時間に各グループの掃除分担場所を責任もってきれいにする活動として「Beautiful Point」活動に力を入れています。
通常の掃除を終えた後、その日の目標区画を決め、そこを徹底的にブラシなどで磨いてピカピカにします。学期末の時期などにはワックスをかけて、さらに磨きをかけます。少しずつ目標区画をずらしながら、全体を仕上げるために、現在きれいにしている場所には写真のような目印のカードを置きます。
懸命に仲間と磨き上げる活動を通して、仲間との共同の大切さや仕事に対する責任感、自分たちの生活環境の向上に努める意識を育んでいます。「人は環境をつくる 環境は人を育てる」の実践です。

「Beautiful Point」の活動写真

「Beautiful Point」の活動写真

「Beautiful Point」の活動写真

「Beautiful Point」の活動写真

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。