エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー じまんの逸品 › 平成29年4月「イラスト・デザイン 本城愛子さん」


ここから本文です。

平成29年4月「イラスト・デザイン 本城愛子さん」

ID番号 K18927更新日 平成29年4月1日

イラスト・デザイン

本城愛子さんの写真
本城愛子さん(つつじが丘)

デザインとの関わりは、高校のときに服飾デザインを勉強したことがきっかけですが、イラスト・デザインを学び始めたのは、昨年5月からです。
現在も通っている絵画教室で、しばらくデッサンを勉強していましたが、昨年の展示会に参加したときに、イラスト・デザインコースの作品を見て、作者の個性がはっきりと表れるところに魅力を感じました。自分も学びたいと思い、先生に相談したところ、喜んで後押ししてくださいました。
水張りやビニール掛けなどの基本を学びながら、今までに5点制作しました。1番のお気に入りの作品は、「ビアズリー(模写)」です。模写の描き方を教わりながら、じっくりと2カ月かけて仕上げていきました。原寸はA4ほどの大きさですが、B3に拡大して描いています。細かなマス目を描きながら、忠実に模写していきます。色の構成や人物の体つきを描いていくうちに、作者のビアズリーが描き方を教えてくれるような錯覚を覚えました。

淡い色で仕上げた「洞窟のマリア像」は、母を思いながら描きました。やさしい雰囲気を醸し出すために、ブルーとピンクを使っています。母に見せたところ、「見ていると癒される」と嬉しい感想をもらいました。先生からは、「イラスト・デザインは、サイズや目的によって、遠くから見ても訴えかける強さが必要なこともある」とごアドバイスをいただきました。これからの課題です。
今回の作品で先生から受けたアドバイスを、イラスト・デザインの中で表現できるように、これからの1年間がんばりたいと思います。来年の展示会に出品したときに、自分で「上達したな」と思えるようになりたいです。数年後には二科展にも挑戦したいと思っています。

「ビアズリー(模写)」の作品写真
「ビアズリー(模写)」

「洞窟のマリア像」の作品写真
「洞窟のマリア像」

「トリックアート」の作品写真
「トリックアート」(模作)

「明度差構成」の作品写真
「明度差構成」

「○△□」の作品写真
「○△□(まるさんかくしかく)」(三原色による構成)

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。