エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジンバックナンバー一覧バックナンバー カルトピ Culture Topics › 平成31年2月「さとう式リンパケア」


ここから本文です。

平成31年2月「さとう式リンパケア」

ID番号 K27839更新日 平成31年2月1日

市内には、ライフデザインセンターが4館あり、そこではさまざまな講座が開催されています。
2月号では、川島ライフデザインセンターの「さとう式リンパケア」をレポートします。

「さとう式リンパケア」

  • 講座名:さとう式リンパケア
  • 開催日:12月15日(土曜日)
  • 場所:川島ライフデザインセンター
  • 参加者:10人
  • 受付:窓口またはお電話で事前申込

注目度高め!「さとう式リンパケア」講座

これまで川島ライフデザインセンターでは、美と健康に関するさまざまな講座を開催してきました。今回ご紹介する「さとう式リンパケア」講座は、申込開始わずか20分で満席!その後もお問い合わせが絶えなかった、注目度の高い旬な講座です。

「さとう式リンパケア」とは!?

講座のようすの写真

さとう式リンパケアは、歯科医である佐藤青児さんが開発した、健康とキレイをかなえる健康・美容法です。顎関節症の症状をやわらげる治療の一環として名古屋市で生まれましたが、今や日本のみならず、海外にも広がっています。さとう式リンパケアでケアをするリンパとは、「リンパ間質液」のこと。筋肉の緊張を緩めることで、このリンパ間質液を「流れやすい」状態にし、細胞に必要な酸素や栄養素を行き渡らせ、老廃物もスムーズに排せつすることができます。
重要なポイントは「優しいタッチ」。リンパ間質液を流すのに、「押す」も「揉む」も「引っ張る」も全く必要ありません。
さらに嬉しいことに、短期間のケアですぐに効果を実感できます。

講師は、どん底から人生が好転した、さとう式リンパケアのインストラクター

講師の木戸さんの写真

講師を務めるのは市内在住の木戸脇佳子さん。
幼少期から家庭環境に悩まされ、大人になってからもさまざまな問題を抱えて途方に暮れる日々を送っていたそうです。
そんな中、木戸脇さんはさとう式リンパケアに出会います。ケアをしていくうちに身体が徐々に緩んできて、同時に心まで緩み、さらには考え方まで変化しました。そして、あれほど大変だと思っていた問題を問題だと思わなくなりました。
まさに「心と身体はつながっている」と実感した木戸脇さん。それ以来、「こんなにも簡単ですばらしいケアを、一人でも多くの方に知ってもらいたい」との思いから、50歳にして心機一転、心と身体のケアをするセラピストとしての道を歩み始めました。

まずは「さとう式リンパケア」の3つの理論からスタート

講座のようすの写真

1つ目は身体は空(くう)、つまり筒状の状態が大切であることを、ペットボトルを使って分かりやすく説明します。すでに受講生は興味津々です。
2つ目は、筋肉の中でも「屈筋」を緩めることの大切さを分かりやすく解説。
最後の3つ目は、もんだりマッサージしたりするのではなく、筋肉をほぐすことが大切であることを、タオルを使ってイメージしやすく説明します。
この時点で受講生は前のめりで聞き入っていましたが、次の実践編ではますます集中していきます!

いよいよ実践!


「さとう式リンパケア」を実践している参加者の写真

キラパタ体操、片手バンザイ、耳たぶ回し、腕回し、足指ワイワイ…など、楽しそうなネーミングを聞くだけでも体が緩んできそうです。


「さとう式リンパケア」を実践している参加者の写真

そしてなんとびっくり!輪ゴムを耳にかけるだけの簡単な方法で、顔の輪郭や頬のたるみに変化を感じることができました。これには受講生も驚いて、自分の目を疑うほどだったようです。

長期講座も開催決定!

「さとう式リンパケア」を実践している参加者の写真

いろいろ実践しているうちに、中には身体がポカポカしてきたという受講生も。その即効性に皆さんはとても喜んでいました。
こうして楽しく和やかな雰囲気の中、とても活気のある講座となりました。

 

 

大好評につき、来年度の長期講座の開講が決定しています。きっと大勢の方にご満足いただける講座になることでしょう。
3月はいきいき楽習課の講座「子どもマガジン編集部」をピックアップします。お楽しみに!

このページに関するお問い合わせ

いきいき楽習課
電話:058-383-1210
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。